2017年3月16日

【ブーツライフ】レッドウィング直営店でシューレース(靴紐)とシューホーン(靴ベラ)を買ってみた【ショッピング】

もう一ヶ月も前の話になりますが、大阪心斎橋にあるレッドウィング直営店「Red Wing Shoe Store 大阪 LUMBER CO.(ランバーカンパニー)」さんに行ってきました!
と言っても家から電車で三駅のところにあるので、そんな興奮するほど大袈裟な話ではないんですけどね。

Red Wing Shoe Store 大阪 LUMBER CO.

新作が出た時なんかにはちょろっとお邪魔していろいろ物色したりしてます。
ですが今回のお目当ては新作ではなく、シューホーン(靴ベラ)でした。
地味な買い物報告で申し訳ない。

今回は「レッドウィング直営店は8875のDワイズやEEワイズ、ベックマンのEEワイズが選べるだけやなかったんや!」というお話です。

あれば何かと便利なシューホーン

ヤフオクに出品する靴を仕入れる際、私の場合、状態確認のため実際に足入れする機会が多いです。
何度も靴を脱ぎ履きしますから、やっぱりスムーズに行える方がありがたいです。
そうなるとやっぱりシューホーンは持っておきたいアイテムの一つなんですね。

で、どうせなら真鍮製の雰囲気のいい感じのもので、携帯できる程度の大きさのものが欲しかったのですが、これが探すと意外と結構いい値段なんですね。
そういやレッドウィングもシューホーン扱ってたなぁと思ってHPを見てみると、何と1400円(+税)と安い!
まぁ実際には真鍮製ではなくスチール製のものを真鍮でコーティング(ブラスコーティング)したものなんですが、雰囲気もいいしこれで十分です。

思い立ったが吉日とばかりに出掛けて買いました。
その会計の際、スタッフの方に「今100cmのシューレースも探してるんやけど、100cmって中途半端な長さみたいでなかなか売ってないんよね~」なんて世間話がてら愚痴ってみたところ、「うちでシューレースを買ってもらえたら好みの長さで切らせてもらいますよ」とのこと。

2017年3月15日

【ブーツライフ】靴を長持ちさせるための一番の基本【お手入れ・メンテナンス】

二足を交互に履けば、二倍長持ち?

「靴は最低でも二足を、一日おきに交互に履く方がいい」
靴と長く付き合うコツとして、よくこう言われます。

こういう意見に対して、毎日履く場合と二日に一回履く場合では、後者の方が寿命が二倍になるのは当り前、という反論をする人もたまにいます。
確かに、もし仮に毎日履いた場合の寿命が365回(一年相当)の靴があるとして、それを二日に一回のペースで履けば、単純な計算として靴の寿命は年数としては二年履けるということになります。

ですが実際のところとしては、毎日履くことで靴が本来持っている寿命を縮めてしまっているのです。
先の例で言うと、本来500回(日)履ける靴であったのに、毎日履くことで寿命が縮んでしまい、一年(365回)で寿命になってしまった、ということです。
二日に一回履くことで、寿命は年数にして二倍どころか三倍にもなる可能性があるのです。

靴の寿命=×着用年数 ○着用回数

ここで注意して欲しいのは実際には年数ではなく、着用回数で考える方がいいという点です。
着用回数としては別に二倍、三倍となるわけではありません。
二日に一回の割合で履いたからと言って、別にソールやヒールの一日分の減り方が少なくなるわけじゃありませんからね。

ネットで調べると靴の寿命を延ばすコツなどがよく紹介されていますが、靴の寿命は延ばせません。
できるだけ無駄に寿命を縮めないようにケアをする、長持ちさせるというのが正確なところです。
そしてお気に入りの靴を毎日履くというのは、それだけでそのお気に入りの寿命を無駄に縮めてしまうことになるのです。

Tシャツや靴下、あるいはデニムジーンズあたりで考えてみましょう。
洗濯もせず毎日身に着けた場合と、着た物を一日干してから、また時には洗濯もしてから着るようにした場合、どちらの方が物としての寿命が延びるのか、少し考えてみれば明らかだと思います。

デニムジーンズの場合、シワなどのコントラストを出したいがためにできるだけ洗わないという人が結構いるかもしれませんね。
でもいくら丈夫なデニム生地でも、着用後の皮脂など油分を含んだ汚れを付着させたまま放置すると、もろくなって破れの原因になります。

長く付き合うということを考えると、「洗う」などで汚れを落としてやったり、干すことで状態をできるだけリセットしてやることが大事です。
そもそも汗やら何やらで湿った靴下とかTシャツとか、平気で毎日着られますかって話です。

2017年3月9日

革靴とスニーカーとではサイズが違う理由


革靴とスニーカーでは、なぜ表記サイズが異なるのか

春から新社会人や高校生になる人の中には、今までスニーカーしか履いたことがない、そんな人もいるでしょう。
そういう方は革靴選びの際に、いつも履いているスニーカーのサイズを参考にして靴を選ぶとまず「大きすぎる」と感じることかと思います。

捨て寸

革靴やブーツには捨て寸というものが予め設定されています。
捨て寸というのは、靴を履いた時につま先と靴の間にできる空間のことです。
歩く時には靴の中で足が前後に動くので、この空間(捨て寸)がないと窮屈だったり指を痛めたりします。
一般的には1.0cm~1.5cm程度の捨て寸が理想的です。

例えば表記サイズ26cmの革靴やブーツの場合、捨て寸を計算に入れてインソールの実寸は27cm~27.5cmくらいになるように予め設計されています。
つまり革靴やブーツのサイズは、履く人の足の大きさを表しているということになります。

スニーカーには捨て寸がない

対してスニーカーには、この捨て寸が設定されていません。
最近のスニーカーはインソールを取り出せるものが多いので、取り出したインソールをメジャーで実際に測ってもらうとすぐにわかりますが、スニーカーのサイズはインソールのサイズを表しています。

例えば27cmのスニーカーを履いている人の足の大きさは、大体26cm程度だろうと予測できます。
ただ捨て寸の取り方が人によって異なります。
27cmのスニーカーを履いていても、足長25~25.5cm程度で捨て寸を多く取るのが好みの人もいれば、足長26.5cm程度で捨て寸少なめが好みという人もいます。

ちなみに捨て寸や靴についてあまり注意を払っていない人は、捨て寸をほとんど取らずにきつめのフィットで履かれている人が多い傾向にあるように思われます。
そういう方の靴はつま先や指の甲が当たるライニング(内張り)が傷んで破けているケースが多いです。
これはヤフオクで中古の靴を多く取り扱っているうちに気付いた点です。

先の“革靴選びの際に、いつも履いているスニーカーのサイズを参考にして靴を選ぶとまず「大きすぎる」と感じる”ケースは、たとえばスニーカーなら27cmなので革靴も27cmを選んでみた、ということです。
この場合、本人の足の大きさは26cm程度なのに本来足長27cmの人が履く靴を選んでしまったため起きる失敗です。
27cmの革靴の場合、捨て寸も含めてスニーカーサイズに換算すると28cm~28.5cm相当になるわけですから、実際の足の大きさが26cm程度の人にはそりゃ大きすぎると感じるわけですよね。

革靴とスニーカーのサイズの違いを簡潔に言い表すと、
「革靴やブーツのサイズは履く人の足の大きさを表していて、スニーカーは靴(インソール)の大きさを表している」
と言えます。

2016年9月9日

【ブーツライフ】ベックマンに合わせる簡単きれいめコーデ【ファッション】

DSC_3063

レッドウイング社の説明によると、ベックマンはクラシックドレスシューズ(ブーツ)という位置付けにあります。
ですが1905年の同社の創業当時ならばともかく、現代ではビジネスシーンや改まった場で履くようなフォーマルな靴ではありません。
とはいえいわゆるクラシックドレスとして、セミドレスとして、カジュアルであってもきれいめな服に合わせたい靴ですね。

今回は普段レッドウイングの#875などワークブーツばかり履いている私なりの、ベックマン用きれいめコーデこんなんどうですかの回です。
と言っても元々の手持ちの服はワークブーツに合わせるラフでカジュアルなものばかりです。
いきなり高級ブランドで全身を固める感じにはなりえません。
ですから「ちょっときれいめ」程度の簡単コーデにすぎませんけど、それでも参考になるという人がいれば幸いです。

2016年9月7日

【万年筆】いいね!LAMY サファリ 2016年限定 ライラック【文房具】

DSC_3357

LAMYサファリ万年筆、2016年限定色ライラックを買いました。
ついでにこれまた限定のお揃いカラーのインクも合わせて買いました。
昨年は2015年の限定色が目の痛くなりそうな蛍光グリーンだったので見送り、その代わりに1年遅れで2014年限定色のネオンコーラルを買っています。
その時の記事は以前書いていますので、お暇でしたら是非どうぞ。

LAMYサファリ2014年限定色コーラルピンクを買ってみた ~ Simon Haibara blogworks

この他にレギュラーカラーのイエローがあって、今持ってるLAMYサファリは3本目です。
実際に購入したのは4本目で、実はレギュラーカラーのホワイトも持っていましたが、それは友人にあげたため手元にあるのは3本です。

どうして万年筆初心者向けと言われるLAMYばかり買っているのか。
一つには私が今になっても万年筆初心者のままであるということ、そしてもう一つはやっぱり「限定」という言葉に弱いためでしょうか。
いやいや確かに「限定」という要素が後押ししたのは間違いありませんが、この色、ライラックというんですか、すごくいいじゃないですか。
すごくセクシーでカッコいい気がします。

一応パイロットの万年筆も2~3本持っていましたが、人にあげたりヤフオクで売ったりで手放しました。
ちなみに先日フリマで買ったペリカンM400もヤフオクで売れました。

それらを手放してでも、LAMYの方が優れているとは言いません。
やはり人それぞれ、合う合わないがありますから。
ただ私の場合、パイロットはインクフローが良すぎたのが気になりました。
ヌルヌルとした書き味はよかったんですが、単純にインクフローを多くすることで書き味を誤魔化しているような気がしたんです。
あとペリカンの方はもし自分用で買うならM400ではなく、M600の方ですね。
M400では私の手の大きさにちょっと合わない感じでした。

2016年9月6日

【ブーツライフ】ホーキンスの経年変化を見守る。その2【お手入れ・メンテナンス】

girl-925635_640

月日の過ぎ去るのは早いもので、前回ホーキンスの経年変化についての記事を書いてからもう1ヶ月が経ちました。
規則的なローテーションで履いていたのでは着用感が全然出て来ないので、今回は2~3日に1回は履くという変則ローテーションで履いてみました。

DSC_3367

DSC_3368

DSC_3369

DSC_3372

DSC_3371

ほとんど変わり映えしてませんね。
若干履きジワが出てきた感じはしますけど、ヤフオクで出品するようなことがあれば「美品」と銘打っても良さそうな感じです。

前回の状態がどんな感じだったのかは、【その1】の方でご確認ください。

【ブーツライフ】ホーキンスの経年変化を見守る。その1【お手入れ・メンテナンス】 ~ Simon Haibara blogworks

2016年9月5日

【フリマ】久し振りのお宝ゲットです!【鶴見緑地 / 湊町リバープレイス 】

adventure-1081168_640 (1)

8月後半は厳しい暑さのためか、フリマに出掛けても出店者が激減していました。
出店者には年配の方が多いですからね……。
体力的にきついんでしょうね。

27日(土)には鶴見緑地、28日(日)には湊町リバープレイスと鶴見緑地に出掛けてきました。
両日ともにやはり出店数は少なく、特に28日は今まで手堅く仕入れができていた湊町リバープレイスのフリマでしたが、台風の影響もあってかなり寂しい状況でした。

結局湊町リバープレイスの方は諦めて、急遽前日にも出掛けた鶴見緑地へと向かいました。
これで今回は鶴見緑地の2日間で何とか目ぼしいものを仕入れることができました。

2016年8月25日

【ブーツライフ】レッドウイング #9011 ベックマン【お手入れ・メンテナンス】

shoemaker-852994_640

ついに我が家にもやって来たレッドウイング#9011ベックマンを早速お手入れしてみます。
特に難しいことはせず、一つ一つの作業は単純なものばかりです。
今回は以前大雑把に紹介した、私なりのお手入れ・メンテナンスの工程を「ためしてガッテン」(NHK総合で毎週水曜午後7時30分から放送中)の如く、少しゆっくりめに紹介していきます。

【ブーツライフ】素人でもできるレザーブーツのお手入れ(メンテナンス) ~ Simon Haibara blogworks
以前、大雑把に紹介した時の記事です。

まず現状を確認します。
なおこのベックマンはヤフオクで買った中古です。
あまり使用感のない美品クラスの状態でしたので、本来ならここまでお手入れする必要はなかったかもしれません。
ただ前所有者がどんなお手入れを、いつ頃を最後にしたのかなどわかりませんので、あくまで念のためにしただけで、日常的なお手入れはここまでする必要はないと思います。
それではベックマンの登場です。

DSC_3096

この他のアングルは割愛しますが、前回の記事で少し載せてますので興味があれば、ご覧ください。

【フリマ】仕入れがダメでも、のんびり過ごすのだ【鶴見緑地】 ~ Simon Haibara blogworks

2016年8月23日

【フリマ】仕入れがダメでも、のんびり過ごすのだ【鶴見緑地】

girl-601552_640 (1)

8月21日(日)、ヤフオクに出品するものを仕入れるため鶴見緑地のフリマに行ってきました。
ほぼ毎月数回は開催されているフリマで、湊町リバープレイスのフリマと並んでよく行く会場の一つです。

【フリマ】少し早めの秋物探し-湊町リバープレイス ~ Simon Haibara blogworks

フリマにもある程度傾向があるみたいで、家庭の不用品を売りに来ているアマチュアメインの会場もあれば、出店での売り上げを生計としているプロの方がメインの会場もあります。
プロの方が多い会場は自分用の買い物であれば問題ありません。
でも仕入れ目当てでは、ちょっと割高な値段設定に感じます。

そういう意味では湊町リバープレイスと鶴見緑地のフリマは家庭の不用品を売りに来てる人の割合が多く、今までの経験から当たりが多い印象です。
とは言え、目ぼしいものが見つかるかどうかは運もあります。
いつも掘り出し物が見つかるというわけではありません。

2016年8月22日

【ブーツライフ】靴の履きジワは消せるのか?【お手入れ・メンテナンス】

brown-shoes-1150071_640 (1)

前回に引き続き、またもや分不相応な逸品を入手してしまいました。
シルバノマッツァのプレーントゥシューズです。

Silvano Mazza(シルバノマッツァ)
 シルバノマッツァ(Silvano Mazza)は1975年にイタリアのマルケ地方で設立され、「靴の最高峰」を目指してきたシューズブランド。
 シルバノマッツァを立ち上げたシルバノ・ソリーニ氏は、過去にプラダのシューズをデザインしたことでも知られています。
 ハンドメイドが基礎となっており、イタリアらしいデザイン性の高さを持ちつつも、頑丈に仕上がるという点がシルバノマッツァの特徴。
 素材については、革は一流のタンナー工場から取り寄せ、シルバノ・マッツァが出した条件に見合った革のなかでも最高のものが使用されています。
 靴の裏張りの革(ライニング)にはイギリス産のものを、ソールにはフランス製のものを、ラバーソールはモデルに応じてシルバノマッツァ氏自らがデザインするなど、パーツ単位でのこだわった靴作りを行っていました。

私は中古で購入しましたが、新品価格であれば5万~6万円程度でしょうか。
一応検品を兼ねて、家の近所を1時間ほど散歩してみましたけども、怖くてもうまともに履けません。
いわゆるビジネスシューズ寄りのデザインですが、ダークブラウンの色味とシルバノマッツァ独特のややぽってりとしたフォルムとが相まって意外とデニムとも相性が良さそうです。
でもやっぱりイタリア靴ですからスウェットとかTシャツ1枚とかでは、ちょっと可哀想です。
やはりお兄系のキレイ目カジュアルなどが似合いそうですね。