2015年10月17日

作家の冲方丁さん不起訴処分だってさ


テレビを観ていたら、「作家の冲方丁さん不起訴処分」という報道を見掛けた。

傷害容疑の冲方丁氏を不起訴 「夫婦間で問題解決済み」:朝日新聞デジタル





吾輩は作品と人格は別物だと考えてるので、彼の私生活がどうであろうと気にすることはない。
元より見た目が好きじゃない。何かチャラい。
あと小説の方はともかく「冲方丁のライトノベルの書き方講座」という本では、もっと物書きの裾野を広げようという考えには賛同できたのだけど、地の文から滲み出てくるいい加減そうな人柄が好きではなかった。

ただ8月24日の「妻へのDVの疑いで逮捕」という報道があった時には、さすがに少し驚いた。

作家の冲方丁容疑者を逮捕 妻殴った疑い、本人否認:朝日新聞デジタル





驚いたといっても「え、あの人が!? そんなことしそうな人じゃなかったのに」みたいな感想ではなく、「ろくでもない人間だろうけど、そこまでする奴だったとはなぁ」という感じだ。

作家の冲方丁さんの仕事ぶり

氏の作品は嫌いではない。と言っても吾輩の場合、彼の著作は「天地明察」しか読んでないんだけども。
元々はライトノベル出身の作家さん。著作は人気があるのかどうかも、よく知らない。ただアニメのクレジットでよくその名を見掛ける。 
最近なら「攻殻機動隊 ARISE」の脚本や「PSYCHO-PASS 2」のシリーズ構成にその名が見られる。確か映画の「攻殻機動隊 新劇場版」の脚本もしていたはずだ。

正直言って、「攻殻機動隊」には関わって欲しくなかったなぁ、というのは個人的な感想だ。何せ士郎正宗の漫画が大好きなもんで。
「PSYCHO-PASS 2」の出来にしても、前作を越えたとは思えない。
客観的に見ても、小説畑に留まっていて欲しかった人材なんじゃないだろうか。

仮に小説の分野を越えて関わるにしても、自身の著作「蒼穹のファフナー」までにして欲しかった。

それにしても、やっぱり人柄って外見や言葉の端々に出てくるものなのかねぇ。
今回は吾輩が人間的にはちょっと気に入らないなぁと感じていた作家が、たまたま逮捕に至っただけ、と考える方が妥当なのか。それとも吾輩の睨んだ通り、然るべき人間的帰結として逮捕に至ったのか。もし後者であれば、吾輩の人を見る目も満更ではないということで、無駄にちょっといい気分になれそうである。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント :

コメントを投稿