2015年11月5日

「ががばば」Yahoo!検索してはいけないワード


ヤフー検索で「ががばば」と入力して検索を始めると、上のような画面が表示される現象が報告されている。
もしかするとヤフーのエラーかバグかもしれない。早急に何とかしてもらいたいものだ。
いざ「ががばば」というワードやフレーズを調べたいと思った時に、これではろくに仕事にならない。恐らくそんな人も出てくるのではないか。

2015年11月4日

おうちで淹れるレギュラーコーヒー、ナメてたわ


アイデアをまとめる時、読書する時には近所のカフェをよく利用する。もちろん家でもコーヒーは飲む。けども、やっぱりお店のコーヒーの方が美味しい。

家でコーヒーを飲む時は専らインスタントだ。
ちなみに愛飲してるのはキーコーヒーのスペシャルブレンドって奴で、とにかく安い。すっきりとした味で、たまにブラックで飲みたい気分の時にもしっくりくるので気に入っている。とは言えネスカフェのゴールドブレンドと比較してしまうと、やはり香りの良さでは大差で負けてしまうけどもね。
でもインスタントの魅力はやはり安くて簡単、すぐできるってところだから、あまり気にしない。

どうせちょっとばかし凝ってみたところで、お店で淹れるコーヒーには勝てない。ずっとそう思っていた。

痴漢される方が悪いのか?ヤフコメのおかしな人々


 家に帰って来た高校生の娘が泣きだした。正確に言うなら、帰ってくる前から泣いていたのだろう。目元には涙の渇いた跡も残っている。
 ひとまず落ち着かせて、何があったのか話を聞いてみる。すると、学校から帰る電車内で痴漢に遭ってしまったという。
 それから駅から家までの道中、娘は悔しいのと怖いのと、でもどうしたらいいのかわからず、ただ涙が込み上げてくるばかりのまま家に辿り着いた。
 涙で目元を真っ赤にした娘は、今も身体の震えが止まらないままでいた。
 そんな娘に対して、私は何と声を掛けてやればいいのだろう。

「被害にあったからって、犯人でも無い人を犯人にでっち上げるのは絶対に止めような。裁判で嘘の発言をすれば偽証罪に問われるから」
「触られたくらいで騒ぐお前がバカ。魅力がなくて男にモテない、免疫のないこのブスが」
「まずは男を挑発する格好をやめような」

 諸君なら痴漢被害に遭った娘あるいは姪や孫、彼女や妻に対して、果たしてこれらのような言葉を掛けられるものだろうか。