2017年3月16日

【ブーツライフ】レッドウィング直営店でシューレース(靴紐)とシューホーン(靴ベラ)を買ってみた【ショッピング】

もう一ヶ月も前の話になりますが、大阪心斎橋にあるレッドウィング直営店「Red Wing Shoe Store 大阪 LUMBER CO.(ランバーカンパニー)」さんに行ってきました!
と言っても家から電車で三駅のところにあるので、そんな興奮するほど大袈裟な話ではないんですけどね。

Red Wing Shoe Store 大阪 LUMBER CO.

新作が出た時なんかにはちょろっとお邪魔していろいろ物色したりしてます。
ですが今回のお目当ては新作ではなく、シューホーン(靴ベラ)でした。
地味な買い物報告で申し訳ない。

今回は「レッドウィング直営店は8875のDワイズやEEワイズ、ベックマンのEEワイズが選べるだけやなかったんや!」というお話です。

あれば何かと便利なシューホーン

ヤフオクに出品する靴を仕入れる際、私の場合、状態確認のため実際に足入れする機会が多いです。
何度も靴を脱ぎ履きしますから、やっぱりスムーズに行える方がありがたいです。
そうなるとやっぱりシューホーンは持っておきたいアイテムの一つなんですね。

で、どうせなら真鍮製の雰囲気のいい感じのもので、携帯できる程度の大きさのものが欲しかったのですが、これが探すと意外と結構いい値段なんですね。
そういやレッドウィングもシューホーン扱ってたなぁと思ってHPを見てみると、何と1400円(+税)と安い!
まぁ実際には真鍮製ではなくスチール製のものを真鍮でコーティング(ブラスコーティング)したものなんですが、雰囲気もいいしこれで十分です。

思い立ったが吉日とばかりに出掛けて買いました。
その会計の際、スタッフの方に「今100cmのシューレースも探してるんやけど、100cmって中途半端な長さみたいでなかなか売ってないんよね~」なんて世間話がてら愚痴ってみたところ、「うちでシューレースを買ってもらえたら好みの長さで切らせてもらいますよ」とのこと。


直営店のサービスは侮れない

は?何ですか、それは。
よくよく聞いて説明を受ける俺氏。

  • どうやら直営店だけのサービスのようで、直営店ではシューレースを好みの長さで切ってくれるらしい。
  • シューレースの種類は直営店で購入できるものであれば、何でもOK。
  • たとえばブーツ購入時点で、元から付属しているシューレースの長さがもし長すぎるなら指定の長さで切ってもらえる。
  • シューレースの先端部分(アグレット)も金属パーツのもので処理してもらえる。(革紐は不可。カットのみ)
  • アグレットの色も黒、金、銀、アンティークと4種類あって、その中から好きなのを選べる。
  • サービスなので無料でしてもらえる。


本当は通販で「紗乃機(さのはた)」の100cmのものを買おうかと考えていました。
でも送料と合わせると2000円程度するんですよね。
靴紐で2000円かぁ、とポチるのを迷ってました。
そこにこのお話です。
何かすごくお得な気がしますよね。
俺氏、シューレースもお買い上げとなりました。

いやあ、やっぱり靴紐の先っぽ(アグレット)が金属パーツって高級感があっていいですよね。
今回はポストマンに使われてるシューレース「フラット・ナイロン・ブーツレース(ブラック)」で、アグレットは黒色です。

ここで、「ポストマン用のシューレースって36インチが一番長くて、切って100cmにするのは無理なのでは?」と気付く人はいろいろかなりすごいすごさです。
実は直営店ではパッケージングされずにバラ売りされてるシューレースが在庫としてあるんですね。
たとえば現在パッケージングされて売られているポストマン用のシューレースでは、比較的最近発売された6インチハイトのポストマンブーツに対応できません。
そんな場合でも直営店ならちゃんと純正品で対応できるというわけです。

直営店で購入できるシューレースなら何でも大丈夫ということで、ベックマンなどに使われている蝋引きの平紐もアグレットだけ金属製のものに変更してもらうこともできるようです。
レッドウィング好きの方で、もし直営店に立ち寄る機会があれば、一度やってもらってはいかがでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント :

コメントを投稿